ジョブマーケティング北海道

ジョブマスタッフブログ

【花金フリータイム制度が始まりました☆】

  2016/10/24    スタッフブログ

こんにちは!ジョブマーケティング北海道の坂井です!

札幌市内は既に雪が積もったり、ついに冬がきたか…!

といった気候になってきました。
寒さに負けずにいきたいところですが、

既にゆか暖に依存してしまっている私にとっては

厳しい季節のはじまりです。

 

当社では、従業員みんながのびのび働けるように定期的に

「働きゴゴチコンテスト」を開催しています☆

 

「こんなイベントがあったらいいな~」や、

「ここを改善したい!」といったみんなの意見を集めて

見事グランプリを取ったアイディアを採用しよう!というものなんです。

 

第1回に選ばれたのは…「花金フリータイム制度」!!

月に2回、金曜日の15時~18時までの間をフリータイムにしました!
フリータイムのルールは簡単で、基本自由なことをしていていいのですが、

相手の時間を奪うような行為は禁止!

 

自分の資格取得のための勉強をしても良し、

15時に帰ることも大丈夫★

中々、手がつけれてない雑務を集中して仕事することも、

相手の時間を取らなければ何でもOK!

そんな素敵な制度なんです☆
先週の金曜日は、記念すべき第1回。

私はどうやって過ごしていたのかというと…

結局社内に残って仕事をしてしまいました・・・(笑)

でも、集中できたのでいつもより能率良くできました♪

 

そしてお疲れさまのお菓子パーティー☆

週明けからまたがんばるぞー!と、気合を入れるわたしたちでした。

fullsizerender

【札幌マラソンに参加しました!!】

  2016/10/11    スタッフブログ

こんにちわ!ジョブマーケティング北海道の桜井です。

皆様は「秋」と言えば…の問いに何を思いつきますか?

「読書の秋」「食欲の秋」と様々ですが、ジョブマーケティング北海道の「秋」、と言えば「札幌マラソン」(になりつつある)…という事で、今年も参加してきました!

密かに定例行事になりつつある、マラソンですが、今年は、ひと味違いました。あの…謎のレスラー“マスク・ド・北海道(仮)“も満を持しての初参戦!これは、見逃すわけにはいかない!と、微力ながら私も応援部隊として参加いたしました。

当社のマスク・ド・北海道(仮)は、スタートで出遅れたにも関わらず、弊社スタッフの誰よりも速いタイムでフィニッシュ!さすがですね。また、新人コンビの坂井・川崎も、初のマラソンを無事に完走し、楽しんで走れたようでよかったです。

例年になく、10月なのに25度と、気温も高くバテながらも、やはり完走したみんなの顔は清々しい!来年に向け私も今秋、今冬からなにかスポーツをはじめたいな、と改めて思いました。(昨年も同じような事を言っていたような…笑)

オータムフェストに、札幌マラソンに!北海道の“短すぎる秋“でさえも、全力で楽しむジョブマ。

そう!私たちは、常に全力投球です。ますます活発になる採用現場。お客様のお役に立てるよう、頑張ります★

何はともあれ、急に寒くなったので皆様、体調を崩さないようお気をつけくださいね。1475593012736

【人材採用・活用ナレッジ①】業務分解で人材育成を加速

  2016/10/03    採用コンサルブログ

こんにちは。採用コンサルタントの田中です。

定期的に採用や人材活用のナレッジを発信していきます。

皆様方の組織活性や商売繁盛の参考になれば幸いです。

 

【業務分解でやるべきことに集中できる環境を創る】

会員数を増やしたいが…、スタッフのレベルを高めたいが…なかなか進まない、と課題を抱えるお客様。

企業PRや接遇研修などで解消できそうな問題ですが、

なぜ会員が増えないのか?スタッフのレベルはどうしたら高まるのか?を話し合ってみました。

会員数が増えないのは、責任者がPR活動に時間を避けてないことがわかりました。

また、同じく責任者が多忙でスタッフ教育が十分にできていないこともわかりました。

そのせいか、レベルがやや下がり気味で評判を落としています。課題に直撃です。悪循環ですね。

PR活動もスタッフ教育も責任者の業務。

あれもこれもになっているせいで、何事も片手間になっていたのですね。

 

解決策を採用コンサルティングの観点でいくつか提示

・同等のレベル(業務)の方を新たに採用する

・PR業務を集中してやる営業的な方を新たに採用する

前者では人件費拡大と育成に相当な時間を要することがネック、後者も特性や方針の理解に不安があるとのこと。

PR業務もスタッフ教育も、何事も理解している責任者がやるのがベストとのことで、

結果、責任者の「責任者ではなくてもいい業務を取り除く」という考えを導きました。

そして取り除いた業務(比較的簡単な業務)を行ってくれるスタッフを採用することに至ります。

 

現在はその業務を行ってくれるパートさんの選考中で、

責任者の方も上手く機能すればPRと教育へ今まで以上に集中できると感じてくれています。

今後の会員数の推移が非常に楽しみです。

 

業務分解は昨今いたるところで取り入れられています。

代表的なのは営業業務で「アポイント所得」「商談・契約」を分解する例。

通信系の企業様などでよく見うけます。

 

便利な世の中になった一方で、サービスや構造はレベルが高まり、

従来よりパワーがかかっていることも多々あります。

今までやってきた人やできる人という考えで誰かに集中していくと根本的な部分が疎かになることも。

 

人事異動や人材採用の機会には、是非一連の業務を洗い出してみてはいかがでしょうか。

 

image

MAIL MAGAZINE

日々の営業に役立つ代表コラムを配信予定。配信希望の方は下記の
フォームよりに入力の上[登録]ボタンをクリックしてください。

メールアドレス
お名前