こんにちは。採用コンサルタントの谷です。

定期的に採用や人材活用のナレッジを発信していきます。

皆様方の組織活性や商売繁盛の参考になれば幸いです。

 

リクルートグループが、「2017年のトレンド予測」を

発表致しました。2017年の住宅・進学・飲食・美容などなど

8つのテーマの動向を予測するものになります。

 

アルバイト・パート領域では

【パズワク】

何ですかそれは?と思うかもしれませんね。

個人のチカラをパズルのように組み合わせ活かしあう

「パズルワーク」のような働き方が今年は増加しそうなんですね。

 

なぜ、増加していくのかというと・・・

ひとつは短時間勤務の求人情報が増加していること。

それだけ、短時間で働きたいというニーズが多いのです。

短時間勤務のニーズが高まっていることに伴い、働き方も多様化し、

色んな働き方に合わせて、企業側のシフトの工夫も進んでいます。

 

【採用基準の変化】

今までは、育成することを前提に「長時間・長期間働ける」

「知識やスキルなど経験がある」など必要な要素が揃った、

「何でもできそうな人」をターゲットとする採用が

よく見受けられました。

しかし最近では、上記のように「何でもできそうな人」は

中々採用ができない状況です。なので、一人ひとりのチカラを

パズルのように組み合わせる

『パズワク(パズルワーク)』を前提とした求人が増加しています。

この『パズワク』なら「条件が合わない」「無理かも」と、

諦めてしまっていた人も補いあって活躍することが

できるようになります。

 

つまり、求職者一人ひとりの苦手や不安を受け入れ、

寄り添う採用・シフトづくりへと変化の兆しが現れています。

 

働き方や採用の多様化がこれからが大事なような気がしますね。

2月から4月にかけて求人の動きが活性化する時期です。

シフト構成や採用ターゲットを見直してみてはいかがでしょうか。

 

【パズワク】の詳細は

ジョブズリサーチセンターの記事をご覧ください。

 

出展:http://jbrc.recruitjobs.co.jp/puzz/